裁判に関わる人たち | 検察官

スポンサードリンク

裁判に関わる人たち | 検察官

検察官は、検察権を行使する権限をもつ国の機関です。少しわかりにくいいい方ですが、個々の検察官が検察権行使の権限をもっており、検察官は、個々独立の官庁だということです。

 

これを称して、検察官は独任制官庁であるといわれています。ただし、職務を遂行する上では、上級者の指揮のもとに一体となって行動します。

 

 

検察官の行う事務を統括するのが検察庁です。検察庁には4種類います。

 

 

そして、最高検察庁の長が検事総長、高等検察庁の長が検事長、地方検察庁の長が検事正で、検察組織は、検事総長を頂点とするピラミッド型をしています。次長検事は最高検察庁に属して、検事総長を補佐する仕事をします。

 

 

検察官の多くは、裁判官と同様、司法試験に合格し、司法修習を終了した者が任命されます。ただし、一定の要件をみたした者で副検事選考審査会で選ばれた者が副検事として任命されることがあります。

 

 

検察官は、いろいろな職務をになっていますが、何といっても犯罪をおかした者に対して公訴を提起し裁判所に法の正当な適用を求めることが主要な仕事です。

 

検察官はいかなる犯罪についても捜査をすることができ、公訴を提起するかどうかの判断も全面的にまかされています。具体的に刑罰をどうするかは、最終的には裁判所が決めますが、裁判所が判断する際には検察官の求刑が参考にされています。

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】