公判手続 冒頭手続き

スポンサードリンク

公判手続  冒頭手続き

被告人に対する人定質問

公判手続きは、被告人に対する人定質問から始まります。被告人として出頭している者が起訴状に表示された者と本当に同一であるかどうかを確かめるために、裁判長がいくつかの事項を質問します。通常は、被告人の氏名、年齢(生年月日)、職業、住居、本籍が質問されます。

 

 

起訴状の朗読

次に、検察官が起訴状を朗読します。

 

黙秘権などの告知

起訴状の朗読が終わった後に、裁判長が被告人に対して黙秘権などの権利があることを知らせる手続きを行います。実際には、それぞれの裁判官が工夫した言い回しで行われていますが、標準的な言い方は次のようなものです。

 

 

「この審理中、被告人に対して、裁判官・検察官・弁護人からいろいろと質問されることがあると思いますが、被告人には、黙秘権という権利がありますから、答えたくない質問に対しては、答えなくてもかまいません。

 

しかし、答える場合には嘘を言ってはいけません。また、被告人の発言は、被告人にとって有利・不利を問わず証拠となることがありますから、注意して下さい」             

 

 

罪状認否

以上の手続きが終わると、裁判長が、被告人と弁護人に対して、事件についての意見を陳述する機会を与えます。これを罪状認否と呼びます。

 

この機会に被告人と弁護人は、起訴状に記載された公訴事実が正しいのか、それとも間違っているのか、あるいは正当防衛のような言い分などについて主張します。こうした主張によって争点が明確になるわけです。

 

通常、裁判長は、まず最初に被告人に対して尋ね、その次に弁護人に対して尋ねます。

 

ここまでの手続きを総称して冒頭手続きといいます。

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】