アメリカの裁判制度

スポンサードリンク

最近では、マスコミでとりあげられる裁判のニュースは国内のものだけではありません。たとえば、日本の企業がアメリカの民事裁判によって巨額の損害賠償を命じられるケースがしばしば大きくとりあげられてきました。

 

 

また、アメリカの個人発明家ジョンーコイルが日本の大手ゲーム機器メーカーのセガーエンタープライゼス社を特許権侵害で訴えた事件でも、1992年、連邦地裁の評決を受けて、結局、セガーエンタープライゼス社がジョンーコイルに対して約57億円を支払うことで和解しました。

 

 

日本人留学生の服部剛丈君がルイジアナ州バトンルージュでロドニー・ピアーズに射殺された事件では、陪審による無罪の評決が下されました。ところが、同じ事件における民事の損害賠償請求訴訟では、ロドニー・ピアーズに損害賠償責任が認められました。

 

【スポンサードリンク】

 

 

アメリカンフットボールのスーパースターであり、俳優でもあるO・J・シンプソンが殺人容疑で起訴された事件もわが国で大きく報道されました。

 

この事件に対する審理は、アメリカをはじめ世界中の人々の注目のもとで進められ、結局、O・J・シンプソンに対して、陪審による無罪の評決が下されました。

 

 

このようなアメリカの裁判に関するニュースに接するとき、日米における裁判制度の違いに驚き、あるいは興味をもつことが少なくありません。

 

このカテゴリでは、そうしたアメリカの裁判に関するニュースを理解するための基礎知識について、簡単に説明します。

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

アメリカの裁判制度記事一覧