スポンサードリンク

不服申立てかできる三審制度のしくみ

通常の事件では、裁判に納得できない者は上級裁判所に不服を申し立てることができます。

 

そして、この上級裁判所の裁判に納得できない者は、もう一度さらに上級裁判所に不服を申し立てることができます。結局、1つの事件について3回の裁判を受ける機会が与えられているわけです。これを三審制度といいます。

 

 

第一審が地方裁判所である場合には、第二審は高等裁判所となり、第三審は最高裁判所となります。これに対して、第一審が簡易裁判所である場合には、第二審は地方裁判所となり、第三審は高等裁判所となります。

 

もっとも、刑事事件の場合には、第一審が簡易裁判所の場合でも、第二審は高等裁判所となり、第三審は最高裁判所となります。

 

 

第一審の判決に納得できず、第二審の裁判所に対して不服を申し立てることを控訴といい、第二審の判決に納得できず、第三審の裁判所に対して不服を申し立てることを上告といいます。

 

また、決定・命令に納得できないため不服を申し立てることを抗告といい、この抗告裁判所の判断に納得できない場合に、さらに不服を申し立てることを再抗告といいます。

 

 

なお、最高裁判所が憲法問題に関する終審裁判所であることから(憲法八一条)、通常の上訴では最高裁判所の憲法判断を受ける機会のない事件については、最高裁判所への不服申立ての途が例外的に開かれています。これを特別上訴といいます。

スポンサードリンク

トップへ戻る