スポンサードリンク

被疑者が逮捕されると、その後どうなる?

被疑者の身柄引渡し

さて、捜査機関が被疑者を逮捕した場合、その後の手続きはどうなるでしょうか。まず、逮捕した被疑者の身柄を引き渡す手続きが行われます。簡単にまとめると、次のとおりです。

 

検察事務官または司法巡査が逮捕したとき

直ちに、検察事務官は検察官に、司法巡査は司法警察員に、被疑者を引致(逮捕された者を強制的に連行すること)しなければなりません。

 

司法警察員が自ら逮捕したとき、または司法警 察員が司法巡査から被疑者を受け取ったとき

被疑者を留置する必要がないときは直ちに釈放します。これに対して、被疑者を留置する必要があるときは、被疑者が身体を拘束された時から48時間以内に検察官に送致する手続きをしなければなりません。

 

検察官が自ら逮捕したとき、または検察官が検察事務官から被疑者を受け取ったとき

 被疑者を留置する必要がないときは直ちに釈放します。これに対して、被疑者を留置する必要があるときは、被疑者が身体を拘束された時から48時間以内に裁判官に対して勾留の請求をしなければなりません。

 

この48時間の起算点は逮捕の時であって引致の時ではありません。

 

【スポンサーリンク】

 

検察官が司法警察員から送致された被疑者を受け取ったとき

被疑者を留置する必要がないときは、直ちに釈放します。これに対して、被疑者を留置する必要があるときは、被疑者を受け取った時から24時間以内に裁判官に対して勾留の請求をしなければなりません。

 

ただし、この時間の制限は、被疑者が身体を拘束された時(すなわち、警察官が被疑者を逮捕した時)から通算して72時間を超えてはならないとされています。

 

 

 

勾留とは

逮捕は、一時的に被疑者の身体を拘束するものですが、さらに長時間にわたって被疑者の身体を拘束する必要がある場合には、被疑者を監獄に留置することになります。これを勾留といいます。

 

なお、よく似た言葉に、拘留というものがありますが、これは刑の一種で、1日以上30日未満のあいだ拘留場に拘置される刑罰です

スポンサードリンク

トップへ戻る