スポンサードリンク

最近では、マスコミでとりあげられる裁判のニュースは国内のものだけではありません。たとえば、日本の企業がアメリカの民事裁判によって巨額の損害賠償を命じられるケースがしばしば大きくとりあげられてきました。

 

 

また、アメリカの個人発明家ジョンーコイルが日本の大手ゲーム機器メーカーのセガーエンタープライゼス社を特許権侵害で訴えた事件でも、1992年、連邦地裁の評決を受けて、結局、セガーエンタープライゼス社がジョンーコイルに対して約57億円を支払うことで和解しました。

 

 

日本人留学生の服部剛丈君がルイジアナ州バトンルージュでロドニー・ピアーズに射殺された事件では、陪審による無罪の評決が下されました。ところが、同じ事件における民事の損害賠償請求訴訟では、ロドニー・ピアーズに損害賠償責任が認められました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

アメリカンフットボールのスーパースターであり、俳優でもあるO・J・シンプソンが殺人容疑で起訴された事件もわが国で大きく報道されました。

 

この事件に対する審理は、アメリカをはじめ世界中の人々の注目のもとで進められ、結局、O・J・シンプソンに対して、陪審による無罪の評決が下されました。

 

 

このようなアメリカの裁判に関するニュースに接するとき、日米における裁判制度の違いに驚き、あるいは興味をもつことが少なくありません。

 

このカテゴリでは、そうしたアメリカの裁判に関するニュースを理解するための基礎知識について、簡単に説明します。

アメリカの裁判制度記事一覧

日本と比べものにならない訴訟件数かわいがっていた猫を洗ってオーブンに入れて乾かそうとして死なせてしまった婦人が、オーブンに「猫を乾かしてはいけない」という表示がなかったことを理由にメーカーを訴えた事件があったそうですが、アメリカでは膨大な数の訴訟がおこされ、社会問題となっています。1990年には、約1840万件の民事訴訟事件が連邦および州の裁判所におこされたといわれています。同じ年のわが国における...

陪審制のしくみアメリカの裁判制度の特色は、陪審制が採用されていることです。陪審員は、一般市民のなかから抽選で選ばれて、一定の期間、裁判を行います。刑事事件における陪審は、大陪審と小陪審にわかれ、前者は起訴陪審、後者は審理陪審とも呼ばれます。大陪審では、検察官の提出した証拠や関係者の証言をもとにして、被疑者を訴追すべきか否かを判断します。大陪審は捜査にかかかるものであるため、内容は公開されません。小...

アメリカの刑事事件が報道されるときに、よく司法取引という言葉がでてきます。これはわが国にはない制度ですのでイメージしにくい面もありますが、簡単にいうと、検察官と弁護人とが、犯罪事実の一部を認めるかわりに一部を取り下げるといった取引をすることです。具体的には、アレインメント(罪状認否)と呼ばれる手続きにおいて、被告人が有罪を認めれば、以後、審理を省略して判決を言い渡すことができ、その過程において検察...

弁護士は尊敬されない職業?アメリカには現在80万人以上の弁護士がいます。日本にいる弁護士が約1万6千人ですから、その数の多さには驚かされます。アメリカでも日本でも、弁護士になるためには司法試験に合格しなければなりませんが、そのしくみが両国ではかなり違います。日本では、毎年一回行われる司法試験で約2000名の合格者が生まれ、次に司法研修所に入所し、1年6か月の修習を経て弁護士・裁判官・検事の道に進み...

アメリカの刑事事件のニュースには、FBIという言葉がよく登場します。FBIとは、Federal Bureau of Investigationの略語ですが、1908年に設置された司法省の一般捜査機関のことです。では、FBIは日本の警察と同じものだと考えてよいのでしょうか。アメリカの警察制度について簡単に説明しましょう。アメリカには、連邦レベルから地方レベルまで多数の警察組織が存在しています。連邦の...

スポンサードリンク

トップへ戻る